menu
arrow_back

VM の移行: Qwik Start

VM の移行: Qwik Start

1時間 クレジット: 5

GSP682

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

VM インスタンスは、VMWare vSphere などのプロダクトが管理するオンプレミスや、AWS や Azure などのパブリック クラウドで利用したり、Google Cloud Compute Engine インスタンスとして利用したりすることができます。

Anthos はオープンソースのアプリケーション プラットフォームで、Anthos を使うと、ハイブリッド クラウドやマルチクラウドの環境で既存のアプリケーションをモダナイズしたり、新しい VM を構築してどこでも安全に実行したりすることができます。Anthos は、Google が開発に深く関与したオープンソース テクノロジー(Kubernetes、Istio、Knative など)を利用して構築されており、オンプレミス環境とクラウド環境の間での整合性を維持できます。

ワークロードをコンテナにアップグレードすると、VM に対する OS レベルのメンテナンスやセキュリティ パッチの適用が不要になり、大規模なポリシーとセキュリティの更新が自動化されます。オンプレミスとクラウドの両方の環境のモニタリングが、Google Cloud Console の 1 つのインターフェースで可能になります。

Migrate for Anthos を使用すると、既存の VM を Kubernetes でホストされる Pod として利用することが、ほぼリアルタイムで実現できるようになります。この Pod には Kubernetes クラスタでのアプリケーションの実行に関連するすべての値が保持されています。

このラボでは、Migrate for Anthos を使用して、Compute Engine VM インスタンスを Kubernetes Pod でホストされる対応するコンテナ イメージに移行します。このプロセスは、オンプレミスまたは別のパブリック クラウド プロバイダでホストされる VM にも適用できます。

Migrate for Anthos を使用すると、次のように他の方法よりも迅速にコンテナ化できます。

a4ad769e8ffd9b7e.png

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create the source Compute Engine (source-vm)

ステップを実行

/ 20

Create the kubernetes cluster (target-cluster)

ステップを実行

/ 30

Verify creation of my-service through migration

ステップを実行

/ 50