menu
arrow_back

Kubernetes Engine を使用して、リージョン永続ディスクにアプリをデプロイする

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Creating the Regional Kubernetes Engine Cluster

Deploying the App with a Regional Disk

Create StorageClass

Create Persistent Volume Claims

Deploy WordPress

Kubernetes Engine を使用して、リージョン永続ディスクにアプリをデプロイする

1時間 クレジット: 7

GSP200

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、Kubernetes Engine のリージョン永続ディスクを使用して WordPress をデプロイすることで、高可用性アプリケーションを構成する方法を学習します。リージョン永続ディスクでは、2 つのゾーンの間で同期レプリケーションが行われます。それにより、1 つのゾーンでシステム停止や障害が発生した場合でも、アプリケーションを稼働させ続けることができます。リージョン永続ディスクのある Kubernetes Engine クラスタをデプロイすると、アプリケーションの安定性、安全性、信頼性が向上します。

app_view.png

演習内容

  • Kubernetes Engine のリージョン クラスタを作成します。
  • 複製されたゾーン用に構成された Kubernetes StorageClass リソースを作成します。
  • StorageClass を使用するリージョン ディスクで WordPress をデプロイします。
  • ノードを削除してゾーンの障害をシミュレーションします。
  • WordPress のアプリとデータが、複製された別のゾーンに正常に移行されることを確認します。

要件

これは上級ラボです。受講する前に、少なくとも Kubernetes と WordPress の基礎を理解している必要があります。これらの基礎は、次の Qwiklabs で効率的に習得できます。

準備ができたら、下にスクロールしてラボ環境を設定します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始