menu
arrow_back

Kubernetes Engine での Jenkins を使用した継続的デリバリー

Kubernetes Engine での Jenkins を使用した継続的デリバリー

1時間 15分 クレジット: 7

GSP051

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、Kubernetes Engine で Jenkins を使用して継続的デリバリー パイプラインを設定する方法を学びます。Jenkins とは、共有リポジトリに頻繁にコードを統合するデベロッパーの間でよく利用されるオートメーション サーバーです。このラボでは、次の図のようなソリューションを構築します。

overview.png

Kubernetes で Jenkins を実行する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

演習内容

このラボでは、次のタスクを行います。

  • Jenkins アプリケーションを Kubernetes Engine クラスタにプロビジョニングする
  • Helm パッケージ マネージャーを使用して Jenkins アプリケーションを設定する
  • Jenkins アプリケーションの機能を試す
  • Jenkins パイプラインを作成して実行する

要件

これはアドバンスレベルのラボです。受講する前に、少なくともシェル プログラミング、Kubernetes、Jenkins の基礎を理解しておく必要があります。これらの基礎は、次の Qwiklabs で効率的に習得できます。

準備ができたら、下にスクロールして Kubernetes、Jenkins、継続的デリバリーについて詳しく学びましょう。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create a Kubernetes cluster (zone: us-east1-d)

ステップを実行

/ 30

Create a tiller Service Account

ステップを実行

/ 10

Initialize Helm and Install Tiller

ステップを実行

/ 10

Configure and Install Jenkins

ステップを実行

/ 30

Create the production and canary deployments

ステップを実行

/ 10

Create a repository

ステップを実行

/ 10