menu
arrow_back

Google データポータルによるリアルタイム地理空間データの可視化

Google データポータルによるリアルタイム地理空間データの可視化

1時間 15分 クレジット: 7

GSP201

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、実際の履歴情報を含むデータセットのリアルタイム ストリーミング データを Google Dataflow で処理し、結果を Google BigQuery に保存して、Google データポータルでリアルタイム地理空間データを可視化する方法について説明します。

Cloud Dataflow はフルマネージド型のサービスです。Java および Python の API と Apache Beam SDK を使用して、ストリーミング(リアルタイム)モードとバッチ(履歴)モードの両方でデータの変換と拡充を行えます。サーバーレス アーキテクチャにより、非常に大きなバッチ データセットや大量のライブデータ ストリームをシャーディングして並列処理できます。

Google BigQuery は、Google Storage と連携して動作する RESTful ウェブサービスで、大規模なデータセットをインタラクティブに分析できます。

使用するデータセットには、米国運輸統計局のウェブサイトから取得された米国の国内線フライトの履歴情報が含まれます。このデータセットは、データ サイエンスの多岐にわたるコンセプトと技術の実証に使用できるもので、GCP のデータ サイエンス クエストに含まれる、その他すべてのラボで使用します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始