menu
arrow_back

G Suite API にアクセス可能なアプリの作成

G Suite API にアクセス可能なアプリの作成

45分 クレジット: 5

GSP238

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、G Suite の(REST / HTTP)API を使用した実践演習を行います。具体的には、Google Drive API を有効にして必要な認証情報を取得し、ドライブ内の最初の 100 個のファイルとフォルダを表示するリクエストを実行します。

目標

このラボでは、次の方法について学びます。

  • API ライブラリで、Google Drive API を見つけて有効化する。
  • アプリが Google Drive API にアクセスするために必要な認証情報を取得する。
  • アプリを実行して Google ドライブからデータを取得する。

前提条件

これは基礎レベルのラボです。API の基本的な機能とアーキテクチャに精通している必要があります。また、Cloud Shell とコマンドライン インターフェース ツールの使用経験があるとなおよいでしょう。

このラボでは、Google の API に関する知識が必須です。そのため、このラボを受講する前に少なくとも次のラボを受講してください。

準備ができたら、下にスクロールし、以下に示す手順に沿ってラボ環境を設定します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create the credentials

ステップを実行

/ 25

Create a cloud storage bucket

ステップを実行

/ 25

Upload credential file in storage bucket

ステップを実行

/ 25

Add Files to your Google Drive and run the application

ステップを実行

/ 25