menu
arrow_back

API Explorer: クラスタを作成して更新する

API Explorer: クラスタを作成して更新する

1時間 クレジット: 5

GSP288

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google APIs Explorer はさまざまな Google API を対話的に操作できるツールです。API Explorer を使用すると、以下のようなことが行えます。

  • 利用可能な API とそのバージョンを簡単に確認する
  • 各 API で使用できるメソッド、メソッドでサポートされるパラメータ、インラインのドキュメントを確認する
  • メソッドのリクエストを実行して、リアルタイムでレスポンスを確認する
  • 認証および承認済みの API 呼び出しを行う
  • すべてのサービスメソッド最新のリクエストの中から目的のものを迅速に見つける

API Explorer では、リクエストが行われるたびに独自の API キーが使用されます。API Explorer を使用してリクエストを行う際、{YOUR_API_KEY} というラベルのプレースホルダを含むリクエスト構文が表示されますが、このプレースホルダを独自の API キーに置き換えればご自身のアプリケーションで同じリクエストを行うことができます。

このラボでは、インライン Google APIs Explorer テンプレートを使用して Cloud Dataproc API を呼び出し、クラスタを作成します。その後、クラスタ内でシンプルな Spark ジョブを実行します。また、API Explorer テンプレートを使用して Cloud Dataproc API を呼び出し、クラスタを更新する方法についても説明します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create a Dataproc cluster (region: global)

ステップを実行

/ 50

Submit a Spark Job

ステップを実行

/ 25

Update a cluster for 5 worker nodes

ステップを実行

/ 25