menu
arrow_back

Google BigQuery で SQL を使用して e コマース データセットを操作する

Google BigQuery で SQL を使用して e コマース データセットを操作する

30分 無料

GSP407

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

BigQuery は、Google が低料金で提供する NoOps のフルマネージド分析データベースです。Google による一貫管理が行われ、インフラストラクチャの管理やデータベース管理者の設置など、お客様による管理運用の必要がないため、有用な情報取得のためのデータ分析に専念できます。BigQuery は SQL を使用しており、従量課金制モデルでも利用できます。

新たに利用できるようになった e コマース データセットには、Google Merchandise Store に関する数百万件の Google アナリティクスのレコードが含まれており、BigQuery のテーブルに読み込まれています。このラボでは、このデータセットのコピーを使用します。提示されるサンプル シナリオで、データや、重複する情報を削除する方法を確認します。その後、ラボではデータ分析についてさらに詳しく学習します。

データ分析用に提供される BigQuery クエリを理解して実行するために、標準 SQL クエリ構文をご覧ください。

演習内容

このラボでは、BigQuery を使用して以下の操作を行います。

  • e コマース データセットにアクセスする

  • データセットのメタデータを確認する

  • 重複するエントリを削除する

  • クエリを作成して実行する

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始