menu
arrow_back

Stackdriver を使った Kubernetes Engine のロギング

Stackdriver を使った Kubernetes Engine のロギング

1時間 クレジット: 5

GSP483

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Stackdriver Logging を使うと、すべての GCP リソースと(他のプラットフォームにある)カスタムのリソースからログを集約して、すべてのログと指標を 1 つの場所に保存することができます。ログは集約され、提供された Stackdriver Logging UI 内で表示できるようになります。ログはシンクにエクスポートして、特定のユースケースに利用することもできます。現在、Stackdriver Logging は次のシンクのエクスポートに対応しています。

  • Cloud Storage
  • Pub/Sub
  • BigQuery

このラボでは、サンプルのアプリケーションを Kubernetes Engine にデプロイし、ログイベントを Stackdriver Logging に転送します。ここでは Terraform という宣言型の Infrastructure as Code ツールを使用します。このツールにより、クラウド内のインフラストラクチャのデプロイと更新を自動化する構成ファイルを使用することができます。同様に、ログデータのエクスポート先となる Cloud Storage バケットと BigQuery データセットもこの構成によって作成されます。

このラボは、Stackdriver Logging に関する理解を深めるために GKE Helmsman のエンジニアによって作成されました。このデモは Github でご覧いただけます。このアセットへのコントリビューターをお待ちしています。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Use Terraform to set up the necessary infrastructure

ステップを実行

/ 50

View Logs in BigQuery

ステップを実行

/ 50