menu
arrow_back

Compute Engine: Qwik Start - Windows

Compute Engine: Qwik Start - Windows

40分 クレジット: 1

GSP093

Google Cloud セルフペース ラボ

Google Compute Engine を使用すると、Google インフラストラクチャ上で仮想マシンを作成して実行できます。優れたスケーラビリティとパフォーマンス、費用対効果により、Google のインフラストラクチャ上に大規模なコンピューティング クラスタを簡単に構築することができます。

Google Compute Engine で Windows アプリケーションを実行すると、信頼性の高いストレージ オプション、高速な Google ネットワーク自動スケーリングなど、仮想マシン インスタンスのさまざまな利点を活用できます。

このハンズオンラボでは、Google Compute Engine で Windows Server のインスタンスを設定し、そのインスタンスにリモート デスクトップ プロトコルを使用して接続する方法について学びます。

ご自分の環境で Windows を使用していない場合は、FusionLabs の Chrome RDP など、サードパーティの RDP クライアントをインストールしておいてください。

設定と要件

[ラボを開始] ボタンをクリックする前に

こちらの手順をお読みください。ラボの時間は制限されており、一時停止することはできません。[ラボを開始] ボタンをクリックするとタイマーが開始され、Cloud リソースを利用できる時間が表示されます。

この Qwiklabs ハンズオンラボでは、シミュレーションやデモ環境ではなく、実際のクラウド環境を使ってご自身でラボのアクティビティを行うことができます。一時的な認証情報が新しく提供されるため、ラボ受講中の Google Cloud Platform へのログインおよびアクセスにはその認証情報を使用してください。

前提条件

このラボを完了するには、次のものが必要です。

  • 標準的なインターネット ブラウザ(Chrome を推奨)。
  • ラボを完了するために必要な時間。

注: すでに個人の GCP アカウントやプロジェクトをお持ちの場合でも、そのアカウントやプロジェクトはラボでは使用しないでください。

ラボを開始して Console にログインする方法

  1. [ラボを開始] ボタンをクリックします。ラボの料金をお支払いいただく必要がある場合は、表示されるポップアップでお支払い方法を選択してください。 左側のパネルには、このラボで使用する必要がある一時的な認証情報が表示されます。

    Google Console を開く

  2. ユーザー名をコピーし、[Google Console を開く] をクリックします。 ラボでリソースが起動し、別のタブで [アカウントの選択] ページが表示されます。

    ヒント: タブをそれぞれ別のウィンドウで開き、並べて表示しておきましょう。

  3. [アカウントの選択] ページで [別のアカウントを使用] をクリックします。

    アカウントを選択

  4. [ログイン] ページが開きます。[接続の詳細] パネルでコピーしたユーザー名を貼り付けます。パスワードもコピーして貼り付けます。

    重要: 認証情報は [接続の詳細] パネルに表示されたものを使用してください。ご自身の Qwiklabs 認証情報は使用しないでください。請求が発生する事態を避けるため、GCP アカウントをお持ちの場合でもそのアカウントはラボで使用しないでください。

  5. 以降のページでは次の点にご注意ください。

    • 利用規約に同意してください。
    • 復元オプションや 2 要素認証プロセスは設定しないでください(一時的なアカウントであるため)。
    • 無料トライアルには登録しないでください。

しばらくすると、このタブで GCP Console が開きます。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create a virtual machine instance (zone: us-central1-a)

ステップを実行

/ 100