menu
arrow_back

Cloud Storage: Qwik Start - CLI / SDK

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create a GCS Bucket

Copy an object to a folder in the bucket (ada.jpg)

Make your object publicly accessible

Cloud Storage: Qwik Start - CLI / SDK

30分 クレジット: 1

GSP074

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google Cloud Storage を使うと、いつでも世界中のどこからでも、データを取得したり保存したりすることができます。データの量に制限はありません。Google Cloud Storage は、ウェブサイト コンテンツの配信や、アーカイブおよび障害復旧目的でのデータの保存、直接ダウンロードによるユーザーへの大規模なデータ オブジェクトの配布など、さまざまなシナリオで利用することができます。

このハンズオンラボでは、ストレージ バケットの作成、作成したバケットへのオブジェクトのアップロード、フォルダとサブフォルダの作成、Google Cloud Platform コマンドラインを使用したオブジェクトの一般公開などを行う方法について学習します。

Console で行ったラボの作業内容は、ナビゲーション メニュー > [Storage] で確認できます。コマンドを実行したら、ブラウザを更新するだけで新しく作成したものが表示されます。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始