menu
arrow_back

Dialogflow で AI チャットボットを実装する

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create a Dialogflow agent

Create Intents

Allow Fulfillment to Store Help Ticket Data

Tickets are Logged in Datastore

Dialogflow で AI チャットボットを実装する

1時間 クレジット: 9

GSP078

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Dialogflow は、コンピュータと人間とのインタラクション プラットフォームとして特に注目されています。自然言語処理と機械学習のあらゆるサービスが提供されるため複雑ですが、インターフェースがシンプルであるため、Assistant、Alexa、Cortana 統合アプリケーションの開発をすぐに始めることができます。このラボでは、Google Assistant チャットボットを作成し、ヘルプデスク チケットを送信します。Google Cloud Platform のチャットボット アプリケーションの図を次に示します。

b4c6dcdb2577c898.png

ここでは、一般的なクラウド開発プロセスの手順に沿って演習を進めます。具体的には以下のことを進めます。

  • ラボを設定して、Dialogflow と GCP 環境を操作する方法を学習する。

  • シンプルな Dialogflow アプリケーションをデプロイする。

  • GCP 内にシンプルなクラウド機能をデプロイし、Dialogflow に接続する。

  • チャットボットのテストを行う。

ラボの内容

このラボを終了すると、次のことを理解できるようになります。

  • インテント、エンティティ、コンテキストなど、Dialogflow の基本コンセプトと構成

  • チャットボットのワークフロー

  • 会話の概要

前提条件

これは専門家レベルのラボです。受講する前に、少なくとも機械学習と自然言語処理の基礎を理解しておく必要があります。これらの基礎は、次の Qwiklabs で効率的に習得できます。

準備ができたら、下にスクロールして Dataflow を開いてください。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始