menu
arrow_back

Google スプレッドシートで BigQuery 課金データを確認する

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Pull all the billing data into your spreadsheet

Refine your query

Google スプレッドシートで BigQuery 課金データを確認する

1時間 クレジット: 1

GSP623

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

企業が成長し、テラバイト クラスの入り組んだデータを収集するようになると、それらを保存して、その情報の意味を的確に理解するツールが必要になります。各ビジネス ユニットは、具体的に業務で何が必要かを分析する必要があります。たとえば、財務部門のファイナンシャル コントローラーは、Cloud Billing のデータを分析して以下のような具体的な質問に対する答えを得ることが必要になります。

  • 先月のプロジェクトの合計費用はいくらだったか。
  • ネットワーキング リソースを最も多く消費したのはどのプロジェクトか。
  • チームごとの 1 か月の費用はどうなっているか。

BigQuery を使用すると、高速のコンピューティング能力で大規模なデータセットを処理できます。とはいえ、誰もが BigQuery やデータの専門家というわけではありません。多くのユーザーにとって、アドホック分析を行う際はスプレッドシートのほうが使いやすいかもしれません。データ コネクタを使用すれば BigQuery データをスプレッドシートに pull して分析を行うことができます。

BigQuery 用のスプレッドシート データ コネクタを使用できるのは、G Suite Business、G Suite Enterprise、G Suite for Education のアカウントのみです。

目標

  • スプレッドシートを開き、データコネクタを使用して BigQuery に接続する

  • BigQuery でデータにアクセスし、そのデータをスプレッドシートにインポートする

  • スプレッドシートでデータを分析し、出力を他のユーザーと共有する方法を確認する

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始