menu
arrow_back

未使用の永続ディスクと孤立した永続ディスクのクリーンアップ

未使用の永続ディスクと孤立した永続ディスクのクリーンアップ

1時間 クレジット: 7

GSP648

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、Cloud FunctionsCloud Scheduler を使用して、無駄なクラウド リソースを特定してクリーンアップします。このケースでは、Cloud Function をスケジュールし、未接続の永続ディスクと孤立した永続ディスクを特定してクリーンアップします。

演習内容

  • 2 つの永続ディスクを作成する。
  • ディスクの 1 つを使用する VM を作成する。
  • ディスクを VM から接続解除する。
  • Cloud Function コードを確認する。
  • Cloud Function をデプロイする。
  • Cloud Scheduler ジョブを使用して Cloud Function をテストする。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create Persistent Disk

ステップを実行

/ 10

Create a VM instance with Persistent Disk

ステップを実行

/ 10

Detach the orphaned disk from the VM

ステップを実行

/ 10

Deploy the Cloud Function

ステップを実行

/ 20

Create a Cloud Scheduler task to run the Cloud Function

ステップを実行

/ 20

Test the job by manually triggering it

ステップを実行

/ 30