menu
arrow_back

Optimizing Cost with Google Cloud Storage

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Enable the Cloud Scheduler API

Create a Cloud Storage bucket

Make bucket public

Create another cloud storage bucket

Deploy cloud function

Confirm the migration of bucket to Nearline.

Optimizing Cost with Google Cloud Storage

1時間 クレジット: 7

GSP649

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、Cloud FunctionsCloud Scheduler を使用して、活用されていないクラウド リソースを特定してクリーンアップします。ストレージ バケットをより安価なストレージ クラスに移行する Cloud Function を Cloud Monitoring アラート ポリシーからトリガーします。

Google Cloud では、ストレージ オブジェクトのライフサイクル ルールが適用されており、これによって、作成日やライブ バージョン状態など複数の属性条件に基づいてオブジェクトが別のストレージ クラスに自動的に移ります。ただし、これらのルールではオブジェクトがアクセスされたかどうかは考慮されません。場合によっては、新しいオブジェクトに対して一定の時間アクセスがない場合は Nearline Storage に移したほうが良いこともあります。

演習内容

  • 2 つのストレージ バケットを作成し、ファイルを serving-bucket に追加して、トラフィックを生成する。

  • バケット使用率を可視化する Cloud Monitoring ダッシュボードを作成する。

  • アイドル状態のバケットをより安価なストレージ クラスに移行する Cloud Function をデプロイし、Cloud アラート ポリシーから受信した通知をシミュレートすることを目的としたペイロードを用いてその Cloud Function をトリガーする。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始